SGP2019Rd4 感想戦

全く予想通り

8/7の409点で61位(国内10位)でした。variantでwindoku残し+trio誤答。全く予想通りの出来。

点数は過去最低だけど、久々にしては上出来。前回休んで捨て回は1回しかないので、400以上をキープできてよかった。

経過

印刷の順番を間違えて初手がClassic1になったが、これがハタン。貴重な4分を失う最悪の出だし。

しかしそこから正気に戻り、variantを後ろから埋め続けられました。最後windokuとtrio残しで6分前。さすがにwindokuではなくtrioに行き加点(と思いきや誤答)。最後2分でclassic1修正に向かうも直せず終了。

高配点は大変だが理詰めで普通に倒せそうだったので、問題選択で悩むことはあまりなかった。久々にしては上出来でしょう。

各問題の感想

解いた順に。タイムも載せています。

1 Classic (印刷時間込みで) 4:40でハタン

なんでハタンするん?今回、予約を埋めるときに同じ数字を埋めるミスが多かった(AB予約でAが効いているマスにAを入れるやつ)。たぶんこれもそう。ミスのパターンに気付けたのはまだよかった。

普通に4分どぶに捨てたのは良くない。印刷は逆順で良かった。反省。

14 Set Double Block 11:40

普通にDoppel Blockだった。ありがてぇ。箱にblock2個制約だけ忘れないように、数字の候補を丁寧に見ればできた。こういうところでもっとペース上げれば選抜ワンチャンあるのかもしれないが...

13 Mastermind 8:10

このネタは予期するべきだったチクショー。列トリックに気付くのが遅かったせいでタイムを落としたのもよくない。それにしても35点は低すぎませんか...?

11 Odd-Even Pairs 9:45

偶奇が同時に進む系の、まあまあ難しいOdd-Evenでした。ちゃんと予期していて、「偶奇関係なく埋めれるところを埋める」というスタンスで臨めたのは良かった。

12 Consective 24:10

触ってみて「解けるなー」となったので解きにいったけど、効率は出なかった (悲しいね)。ほぼNon-Consectiveなので、Fedっぽくやったらできる。non-cons.を用いたnaked singleなど私には効かぬ。(タイムは大打撃だが...) non-cons.による大部分確定予約が特徴的で、4マスのTの端に345が入るとかが使えた。その他小技をたくさん使う展開でめちゃくちゃいい問題、解いてて楽しかった。(タイムは大打撃だが...)

途中仮定もできそうだったが、このルールで仮定するのは怖すぎてできなかった。下辺埋めで上述の予約ミスから小規模ハタンした、タイム的に痛い。こういうのを減らせば、高配点でも効率はマシになってくると思う。せめて20分に抑えたいなぁ。

10 X-sums 11:20

順調に解けたように思ってたけど、振り返ってみると時間はかかっている。計算系にありがちな現象。計算系のタイムロスは、主に数字の組み合わせの探索時間だと思うので、カックロをもっとやった方がいいと思いました (ほんまか?)。中央でのoverlapping手筋が気持ちよかった。予期しててよかったね。

6 Overlapping 7:10

今回の超効率枠。上3段をほぼ埋めずに提出してしまった。想定通り、だいたいwindokuだなぁと思って点線枠をほとんど無視したのがよかったのかも。

8 Position 7:40

9を埋めた後、小さい数字から埋めるという方針にしたが、いい判断だったと思う。使用ヒントを丁寧に消していたのでやや効率が落ちたが、詰めの見やすさを思えば仕方ないか。

なお、ヒントを縦線横線で書いていたら、縦線と1を見間違えました。チクショー!

7 Trio 3:50、誤答

123は2択仮定しました(は?)。他は仮定せず埋めました。そうしたら123入れ間違いで誤答しました(は?????)。

仮定嫌い!!!

 

ここから本番で解いてないもの。タイムも参考記録

9 Windoku 9:40

しっかりWindoku手筋を使う問題でウケる。もう常識扱いでいいんでしょうね。

ちゃんと苦戦した。捨ててよかったね。

2-5 Classic

タイムは次の通り:

2 4:05
3 4:05
4 10:30
5 11:40

2と3はlockedが飛び交うもので、こういうのは得意。これなら普通に取りたい。見た目からは分からないので、「20点台を取る」と決めうちでもいいかも。

4と5は終盤の詰めがスーパー下手。僕は4ではEmpty Rectangleを、5ではXwingとBinary Universal Grave +1を使った。Hodokuで調べたら、なんとこれが正着!すこしだけしあわせになった。

BUG+1は初めて使ったが、仮定の回避にはかなり便利っぽい。しかし3値のマスを探すのに無限に苦労したのでたぶん仮定の方が速い (悲しいね)。

きょうの誤答

trioで仮定ミスで誤答。-15で済んでよかった。

きょうの埋め残し

78マス。そのうちOverlappingが40マスと半分以上。ありがてぇ。

 

まとめ

細かく効率の差はあるが、想定通りの展開、想定通りの出来で無難に終えられた印象。よかった。

今後の戦略だけど、今の実力的にvariant同士の効率差は関係なく、ただvariantを全部解くというので問題なさそう。チャートの概念が無くなるので面白みは半減するが、その分一問ずつを大切にしていきたい。今回も細かくロスがあったので、そういうのを少しずつ減らせればclassicを解く時間まで捻出できると思う。

まあ最終的にはclassic力だと思うので、筋トレあるのみですな。

 

あっ、ところでRound 3をスキップしたけど、variantは完全に残っているので(classic245だけやっちゃった)、どこかでやらないとなぁ。選抜までに練習かな。